占い依存症を抜けるにはどうしたらいいか

そもそも占い依存とは・・・

「自分でコントロールできない状態」のこと。

その前にいわゆるタロットカードやチャネリングとは何

こんな占い依存症を治すにはどうしたら良いかを質問してくださった方が、数名いらっしゃいました。

それでこの記事を書いて、もっと多くの人がすっきりするようにと願っています。

今のこのコンテンポラリーの世の中で

占い、とは、星廻りから吉凶を調べるものから、

カード占いや霊感と呼ばれるものまでいろいろあります。

皆さんはどのような時に、占いに行きたく(使いたく)なる、あるいは、

占いには関心ないけど、相談する人が欲しくなりますか?

カウンセリングや、セラピーや、自己実現をするメンタルコーチなどと違って、占いは、

本名を出さなくていい、身分証明書など不要で、自己紹介もいらない

自分が人に見せている顔とは別に秘密にしている心や事実の解決を短時間で出してもらえる

24時間ほとんどいつでも相談できる体制がある

など、気軽でしかも、自分では気づかなかったような答えが返ってきます。

賢く使うツールとしては

良いやり取りができたりします。

占い師さんの頭で考えた結果ではなく、

占い師さんは「超感覚」あるいは「道具」などのツールを使って

相手の無意識や集合的無意識、環境である空間、につながっていきます。

そして、クライアントさんが宇宙に繋がっている状態になると

答えがちゃんと一瞬で出され、カードに反映されたり、超感覚でわかったりするのです。

これは脳科学でも証明されていますので、

後から記事を書きますので良かったら見てください。

どんな人が占い依存症になりやすいの?

占い依存症になりやすい人というのは存在します。

では、どんな人が占い依存症になりやすいのでしょう。

その答えは、逆を考えればわかります。

占いを全く信じない人、人に相談するのを極端に嫌う人は、

占い依存症には、まず、ならないでしょう。

何かを決める時、

迷わない人・・・このような人は相談相手は必要ないでしょう。

あるいは、

科学的、現実的な統計を参考にしたり

論理的に考える人は、

全くの他人である占い師に質問すること自体、馬鹿馬鹿しいと考えるでしょう。

そういう人が質問をしたい時はその業種の専門家に聞きます。

そして専門家にアドバイスを受ける方が早いのです。

だって、感情は平坦で、あまり揺さぶられないのですから。

それでは、どんな人が占い依存症になりやすいのでしょう。

(1) 「欲しいものが得られず苦しんでいる状態」にある人。

やったことのないような新しいことを制限付きの予算でやらなければならなかったり

明らかにゴールがない恋愛だと薄々わかってはいても好きで好きで苦しいとか。

このような方は「復縁コンサルタント」とか、「ビジネスコンサルタント」にも適しているとは思いますが、一般論を聞いても、自分に落とし込むことが少し難しい、違うなという場合があり、占いの方が、より、密接な感じで自分のケースを見てくれます。しかも安価です。

(2) 感情がコントロールできず、体にも影響して苦しんでいる人。

本来なら心理カウンセラーや、セラピスト、お医者さんに相談したほうがいいのですが

体や感情が揺さぶられ、苦しんでいる背景には、訳があるのです。

トリガーとなった出来事が最近あるはずで、

そのことで自分の存在がグラグラと不安定になり、相談されますが

一回の短い占いでは解決できず、良いアドバイザーを探します。

このような方は、占いではなく、カウンセラーやセラピーをされると良いでしょう。

(3) 人と話している時の快感がアディクションになっている人。

これが一番大きな理由ではないかと思います。

ここに大きなポイントがあるのです。

「あなたの味方です!」と、

受容される感覚と、

「彼の気持ちはこうよ。仕事はこうすると成功するよ」と、

道しるべを出してくれる。

この2つができる人が占い師さんなのです。

「あなたの願いは叶わないよ。彼はあなたを嫌ってる」みたいなことを言う人は煙たがられます。(苦笑)

今の占いのスタイルは、共感、セラピーも含まれて期待されているので

「ダメだ、諦めな」とか

「いける!うまくいくよ!」だけでは、すーっとしません。

一つや二つは解決した、それでも現実は変わらない

こうした、心地よい占いをしても、

深いところにある無意識や環境はなかなか変わらず

また問題が出てきます。

すると、自分の頭で考える力が弱まっているので

また占い師に相談をします。

今は24時間、たくさんの占い師さんがいますので

相談相手に困ることはありません。

しかしあなたの銀行の口座の残高は

どんどん減っていくのです。

まず、具体的に行動をストップするにはどうしたら良いか

占いをやめるということは

お財布や銀行の残高を見て

ショックを受けたら

ストップはできます。

でも、なぜ占いをするかの根本の原因は

要するに悩んでいるからなのです。

簡単に言うと。

落ち着かず、まだ幸せにたどり着けていない段階で

誰かピタッと答えを出してくれる存在、頼れる存在を求めている。

あるいは理解してくれる、分析してくれる、質の良いカウンセラーでも良い。

そういうところにもあると思います。

占いの

・長所は、見えなかったところを見せてくれるところだと思います。

量子力学や脳科学では

無意識を感じ取る能力、テレポーション能力は科学でもしっかり証明されているようです。

ですからあながち占いを非科学的とは言えません。

そして何よりも、うまく使えば、よりプラクティカルに、

実際のビジネスとか、恋愛とか、子育てとか、人間関係とか、成功への細かな分岐点での小さな解決にもなりますし、大きなスパンを考える道しるべにもなります。精神の安定は、科学的な根拠もあるのです。

・短所は、

運命は本気で取り組めば変わるので、

失敗を恐れず、開き直って努力することで自分の運命を切り開けるし受け入れられること。

どんなに頑張っても報われない恋愛などは、

むしろ、どのようにしてこちらのカルマを見つめ、環境の変化で白黒がつくのを待っている、そしてある程度は諦めるほうが、楽になります。

感情の処理はたくさんの方法があります。

占いの、危ないところ

私がサイキック的なメニューをやっていながら

こういうことを書くのもどうかなと思うのですが、

「見えないところを知ることができる」能力がある人に頼る癖がついてしまうのは

非常に危険だと

私は思っています。

そんなものがなくても

現実と向き合って

苦しい心を抱えて生きて行く強さが必要です。

自分が一人でくぐり抜けないといけない道もあるんですよね。

占い師に、ここは期待してはNG

占い師さんも人間です。

完璧な人はいません。

すべて神のようにわかってリードできるすごい人などいないのです。

(歯を食いしばって現実と格闘している普通の人の方が

何倍も偉いのです。)

そういう意味で

ちょっと怖いのが「占い」でもあります。

依存の状態とは何か

お金が減っているのに、自力でストップをかけられない状態のことです!

それに依存している状態があったら

「依存をやめていく」というアドバイスを受けることをお勧めします。

自力で耐える、決める、訓練をするレッスンのことですね。

私も

苦しい気持ちの整理、取り扱い方をサポートするメニューを作っていこうと思っていますので、

どうかご期待ください。

また、仏典には「利根と通力に依るべからず」と書いてあって

「人間の生き方」という根本の価値を確立しろと。

そして、運などの良し悪しにグラグラと揺れず一喜一憂せず、

富士山のように動じない、何があっても動じない自分を作るのだということ

を表現しています。はい、難しいですよね(笑)。

でも、

そしてその方が最終的に、願っていなくても幸せや、心の奥で願っていたことが

こちらにどんどん寄ってくるのです。

私も自分のメソッドを使った上でさらに感謝だけをしていたら理想のタイプの人に出会えたり

願っていたまさかの事が(それはここでは書けませんが)

知らないうちにかなっていて驚いたりしました。

私がいつも唱えているチャンティングがあるのですが

このような形で脳波のトレーニングをしながら無意識に、願いの状態を埋め込むことで

願いが叶うだけでなく苦しみも深く残らないことがわかりました。

私のフランスの友人は驚いて私に聞きました。

「どんな別れでも終わる時は辛い。えっ?それが少しも辛くなくなるの?そんなことが可能なの?」

彼女は1年後、収入も0が一桁多くなる年収に変わり、理想の仕事につけました・・・諦めていた男性は彼女から離れることはなくなり、それほど執着はしなくなったようです。

ですから横道に逸れましたが

占いなんて、大きな変容(Transformation)の前ではさざ波に揺れる心を

なだめる、小鳥のさえずりのようなものなのです。

むしろ、それを生かし切って、使い、楽しむゆとりが出てくるほどになれるのです。

良い占い師、スーパーチャネラーとは

さて、占い依存が止まる瞬間。

それは、もう一つあります。

自分にとって、ぴったりの占い師さんとかセラピストさんやチャネラーさん、あるいは、先輩でもいいし、人間としての師匠でも良いです。

あなたを丸ごと理解してくれるような鑑定を出してくれる人。

あなたの本来の能力、秘められた才能をちゃんと出してくれる人。

人間の悩み、苦しみ、痛みを当たり前のように理解してくれる懐の大きい人。

そういう人に巡り会うと、中毒が止まります。

私はそういう人物にこれまで何人も出会ってきました。

プロの人から、一人の高齢者さんまで、

人には人を包み込む力があります。

「人には言えないことも深く理解してくれる人」

「本当の願いをわかってくれる人」

その人の出す全部の電流で、癒されることがあります。

人はどこかで、大人でも、「お母さん」を求めているんだなと感じることがあります。

男性でも「お母さん」になるんです。

そのお母さんは、あなたの、どこまでを理解してくれるでしょうか。

人として、横道に逸れてしまったあなた、心が壊れそうなあなた、執着しているあなた、欲にまみれているあなた、過去の恋を引きずっているあなた、不倫を隠しているあなた、人を疑っているあなた、逃げ場のないあなたの心。

そんなあなたには、宇宙から来たようなお母さんが必要です。もう大人になっているあなたの心は羞恥心がありますから、現実のお母さんでは無理があるでしょう。誰か、それを当たり前のように受け止めてくれる存在。

そういう場所、環境、人、など、どれかを得られた時

人は依存症になるような心を平らにすることができるようです。

自分では強くなれなかった人も

支えてくれる人がいると強くなれるのです。

ゼロポイントフィールド
ゼロポイントフィールドにつながり、周波数を変える

「私たちがこれまでの人生と異なる結果を出そうと思えば、自分自身が同調する周波数を変えなければならない …

未分類
科学が心を上回る日は来るのか

By: Yuriulutimate 2019年1月19日 カテゴリー: &nbs …

未分類
心が壊れないうちに

人間の心って不思議で、千差万別。 「こんなことで傷つくの?」と他の人が言っても、本人には死ぬほどの苦 …