様々な情報は全て英語で理解したほうがすんなりきます。ヒプノセラピーも。

私と同じ感覚を持たれる方も多いのではないでしょうか。

インナーチャイルドを癒す時にも言葉を使います。

催眠を使って幼少期など必要な時期に戻った時に

その時の自分をサポートして、刷り込まれたネガティブな記憶を書き換えてあげるのです。

その時に

日本語で「あなたは良い子だ。あなたはみんなに愛されている」と言われるのと

英語で、”You are now beginning to like yourself. Everyone likes you. You are good. ~~~” と言われるのと、

さあ、一体、あなたはどちらが心に響くでしょうか。

私の場合は

英語で言われたほうが、暗示にかかりやすく、

しかも心に響くように思います。

前世療法の本を多数書かれたブライアンワイズ博士の本についているCDを聞くと英語には涙が出ても

翻訳された日本語だとイマイチ冷静になってしまうことがあります。

それはきっと、自分は考えたり感じたりする時に、標準的、一般的な日本語を使わないからかも知れません。

日本の方だから日本語が好きだろうとか、固定観念で、決めつけるのは良くないので、

フランクになんでも話し合える環境は大事だなと思います。

ゼロポイントフィールド
ゼロポイントフィールドにつながり、周波数を変える

「私たちがこれまでの人生と異なる結果を出そうと思えば、自分自身が同調する周波数を変えなければならない …